レモン,レモン果汁,真穴みかん,ひなの里,紅まどんな,ライム

おでんみそ 辛口 150g 10個 からし入みそ 愛媛 宇和島 一部地域 送料無料

odenmisok10

3,650円(内税)

定価 3,650円(内税)

原材料:大麦、大豆、食塩、砂糖、酢、みりん、ごま、和がらし、酒精、(原材料の一部に小麦を含む)
内容量:150g×10個
賞味期限:袋に記載
保存方法:冷暗所で保存
送料:送料込(但し北海道、東北、沖縄は追加の送料がかかります)
常温便
製造:義農味噌株式会社
産地:愛媛県
※予告なくパッケージが変更する場合もあります。

関東や他の地域のおでんみそとは違った、甘い みがらし味噌(麦味噌ベースのからし味噌)をベースにした、愛媛の味です。
麦みその甘さが気になる場合は、いつも使っている味噌やしょうゆを足したりして調節してください
---------------------------------------------------------------------

ギノーみそ おでんみそ 愛媛
ピリッと辛口タイプ。コクがあって、おでんの旨味がよりいっそう引き立ちます。

おでんにつけるからし入りみそ
愛媛おでんにかかせないB級グルメ
酢みそあえ、ふろふき大根、田楽にもあいます。

おでんにつけるからし入りみそは
和からし味噌きゅうり(辛漬け)にも調味料としてお使い頂けます。

愛媛県の南部や南予地方では「みがらし」という和辛子に、甘い 麦みそや酢などを加えたものを薬味として使います。

関東や他の地域のおでんみそとは違った、甘い みがらし味噌(麦味噌ベースのからし味噌)をベースにした、愛媛の味です。

麦みその甘さが気になる場合は、いつも使っている味噌やしょうゆを足したりして調節してください。

愛媛おでんにかかせないB級グルメ
酢みそあえ、ふろふき大根、田楽にもオススメ。

おでんの薬味といえば、黄色いからしが定番です。ですが、愛媛県では色がうすく、甘い、辛子みそになります。
わがらしに、みそ・酒・醤油・砂糖をまぜたもので、宇和島などの南予地方では、みがらしと呼ばれています。

南予地方では、宇和島の郷土料理 ふかの湯ざらし や、冷やっこに付けて食べられることでも知られています。
ふかとは、サメのことで南予では、漁師が釣れた売り物にならないフカを、酢味噌で酒のさかなにしたのがはじまりといわれています。
宇和海でとれるフカは1メートルほどで大きくありません。
淡白な味のふかは、湯通ししてから水にさらし、麦味噌にからしとお酢を加えた酢みそをつけていただきます。
愛媛 南予地方では、酒の肴として食されています。
季節の野菜や豆腐、こんにゃくなどをそえていただきます。

愛媛のおでん出汁は、煮干し出汁をベースにした、うす口しょうゆ、みりん、砂糖で味付けした、あまく、コクのある味付けです。

関東や他の地域のおでんみそとは違った、甘い みがらし味噌(麦味噌ベースのからし味噌)をベースにした、愛媛の味です。
麦みその甘さが気になる場合は、いつも使っている味噌やしょうゆを足したりして調節してください

元祖 おでんみそ
江戸時代まで「おでん」は「唐辛子みそ」で食べられていました。
いまでは全国的に「ねり辛子」を使用しているところが多いようです。
愛媛ではいまでも昔ながらの伝統を受け継いで「辛子みそ(おでんみそ)」をつけて食べています。
ぜひ愛媛の伝統の味「おでんみそ」をご賞味ください。

愛媛のおでんにみそは必需品です
麦みそベースであっさり、でもコクがあって、おでんのうまみがよりいっそう引き立ちます。
マイルドな甘口タイプとピリッと辛口タイプがあります。

おでんみそ レシピ
・鶏肉のおでんみそとマヨネーズ焼き
 おでんみそトマユネーズでたれを作って、ソテーした鶏肉にかけて焼きます。

おでんのほか、焼き肉のタレ、鶏肉のソテーのたれや野菜ドレッシングなど使えます

栄養成分(20g1回分あたり)
エネルギー 49Kcal
たんぱく質 1.6g
脂質 0.7g
炭水化物 9.0g
ナトリウム 0.4g
食塩相当量 0.9g

マルシェ愛媛は愛媛のなつかしい味・ふるさとの味を産地直送でお届けします

◇ 愛媛 宇和島 南予 南予地方 郷土料理 ふかの湯通し おでんみそ 酢味噌 酢みそ 酒の肴 おつまみ ふるさと グルメ
Copyright マルシェ愛媛 All rights Reserved. 掲載の情報・写真・図表などすべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁止します。

カテゴリーから探す

グループから探す